So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

<口蹄疫>菅首相が宮崎入り 被害農家を視察へ(毎日新聞)

 菅直人首相は12日午前、宮崎県で口蹄疫(こうていえき)の被害が拡大していることを受け、就任後初めて同県に入った。東国原英夫知事や関係市町村長と県庁で意見交換するほか、宮崎市内の畜産農家を視察する。感染は同県都城市、日向市、宮崎市などに拡大しており、首相は地元の要望などを直接聞き、政府として被害対策などに万全を期す考えを伝える。

 首相は11日、宮崎入りについて「知事はじめいろんな話を聞く中で、もっとやらなければならないことがあれば、しっかりと取り組みたい」と語った。

 鳩山前政権は初動対応の遅れを指摘された。首相は就任早々に現地入りして政府の対応をアピールする考えだ。【青木純】

【関連ニュース】
口蹄疫:自民政調会長、参院選延期を要請
口蹄疫:菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合
口蹄疫:コブクロの小渕さん、今井美樹さんらと宮崎応援歌
口蹄疫:宮崎市の豚、日向の牛が陽性…宮崎の運動公園閉鎖
口蹄疫:日本最大級の畜産エリアに飛び火 宮崎県都城市

裁判員裁判、初の一部無罪=詐欺罪などで起訴の被告に―東京地裁支部(時事通信)
東名で車両火災、牧之原―袋井間が通行止め(読売新聞)
福島原発に異常なしと東電=福島地震(時事通信)
SFCG関係メールを削除=違法取引隠ぺい狙いか―振興銀、出資法抵触の疑いも(時事通信)
<雑記帳>「生マグロカレーずし」で勝負だ!(毎日新聞)

<パラグライダー墜落>60歳代の男性死亡 利根川河川敷(毎日新聞)

<交通事故>パトカーから逃げ、高校生ら重傷 無免許でオートバイ運転−−郡山(毎日新聞)

 25日午後8時20分ごろ、福島県郡山市図景1の市道で、同市の男子高校生(17)とアルバイト少年(17)が乗ったオートバイ(125CC)が電柱に衝突。高校生が顔の骨を折る重傷を負った。

 郡山署によると、この直前、パトカーの同署員が、市道で一時停止違反をしたオートバイを発見。停止を求めたが逃走したため、周辺を捜索していたところ、電柱脇に倒れているオートバイがあり、2人を近くで見つけた。どちらも無免許で、道交法違反(無免許運転、一時停止違反)の疑いもあるとみて誰が運転していたか調べている。

 アルバイト少年は「パトカーを振り切ろうとして2人で後ろを見ていて電柱にぶつかった」と話しているという。同署の渡部紅輝(こうき)副署長は「無理な追跡はなく、職務上当然の行為で問題はない」と話している。【金寿英】

取扱目標達成の港湾、12.7%=計画見直し求める―前原国交相(時事通信)
生態系保全目標、大半先送り…条約会議準備会合(読売新聞)
ネットで劇物販売容疑=会社員の男を書類送検―福岡県警(時事通信)
平安時代からサルスベリ植栽? 平等院の池で花粉採取(産経新聞)
検察「カメラに撮影させるのが目的」 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)

<裁判員裁判>点滴に水入れた母に懲役10年 京都地裁判決(毎日新聞)

 入院中の幼い娘3人の点滴に水を入れ死傷させたとして、傷害致死と傷害の罪に問われた高木香織被告(37)=岐阜県関市=の裁判員裁判で、京都地裁(増田耕児裁判長)は20日、懲役10年(求刑・懲役15年)の判決を言い渡した。

 起訴状によると、高木被告は06年3〜5月、岐阜市内の病院に入院中の四女(死亡時8カ月)の点滴に水道水を何度も混ぜて呼吸・循環障害で死亡させ、同様に三女と五女を重篤な状態に陥らせたとされる。初公判で起訴内容をほぼ認め、量刑が争点になっていた。

 高木被告が精神鑑定で受けた、周囲の気を引くため子供を傷付ける代理ミュンヒハウゼン症候群との診断の評価について、検察は「同種の動機で病人を仕立て上げる人たちをまとめてそう呼ぶだけ。刑を軽くする理由にならない」と主張。一方の弁護側は「原因は同症候群にあり、児童虐待とは異なる」と執行猶予付き判決を求めていた。【古屋敷尚子】

<訃報>森内信康さん75歳=将棋棋士・森内俊之九段の父(毎日新聞)
<放送法改正>自公が修正案(毎日新聞)
アスベスト訴訟 石綿紡織業100年間の歴史 泉南地域(産経新聞)
二つの補助人工心臓埋め込み=世界初、移植待ちの女性−阪大病院(時事通信)
診療・介護報酬の「大幅引き上げ」盛り込む―自民・公約原案(医療介護CBニュース)

<掘り出しニュース>鳥写真コンテスト「B−1グランプリ」に待った!(毎日新聞)

 ◇グルメ大会で商標登録

 【千葉】我孫子市が鳥の写真コンテストを計画し、「バード」の頭文字から「B−1グランプリ」と名付けて発表したところ、この名称が既に「B級ご当地グルメ」の全国大会で使われ、商標登録されていたことが分かった。市は急きょ愛称を「バード−1グランプリ」に変更した。担当者は「企画が飛び立つ前に“とんでもない”不注意でした」と平身低頭だ。【早川健人】

 市内の手賀沼にはたくさんの野鳥が生息する。毎年秋に開く日本最大級の鳥のイベント「ジャパンバードフェスティバル」が今年10月23、24日に10回目を迎えるのを機に、「全日本鳥フォトコンテスト」の初開催を決定。愛称を「B−1グランプリ」と決め、星野順一郎市長が7日の定例記者会見で発表した。

 ところが、「ご当地グルメと同じ名称ではないか」と指摘があり、市が調べ直して商標登録が判明した。社団法人「B級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会」が、06年から毎年全国大会を開催。味と話題性を競い、富士宮やきそば(静岡)、八戸せんべい汁(青森)などが上位入賞して大きく報道されていた。

 市はあわてて、愛称やシンボルマークを変更した。市手賀沼課の担当者は「(上海万博のPRソングのように)使用許可を求めることも検討したが、時間がかかりそうなので断念した。協議会にきちんと経緯を説明したい」と話している。

 コンテストは、国内外で鳥を写した未発表の写真を全国から募集し、審査する。8月20日必着。応募手数料は1部門3点以内1000円。応募方法は実行委員会(電話04・7185・1484)。

<横須賀男性遺体>頭蓋内出血が死因(毎日新聞)
サラダ麺ブームの兆し 背景に女性の健康志向(産経新聞)
普天間、5月決着断念=地元、米との合意困難−政府(時事通信)
官房長官、きょう鹿児島入り=徳之島町議と会談へ−普天間(時事通信)
線路に男性、朝ラッシュ2.3万人影響 大阪市営地下鉄千日前線(産経新聞)

<陸山会事件>「冷静な判断を」小沢氏、検察審査会に(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は26日の記者会見で、自身の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で検察審査会の結論が近く出ることに関し「1年間の強制捜査で結果として潔白を証明してもらったと思っている。検察審査会もそのことを冷静に受け止めてご判断いただければいい」と語った。議決を控え有権者で構成する審査のあり方に直接言及したことで、「圧力ではないか」との批判が出る可能性がある。

 小沢氏は強気の姿勢だが、再捜査となれば改めて「政治とカネ」の問題に焦点が当たるとみられる。参院選への悪影響は避けられず、党内では警戒感が強まっている。

 一方、鳩山由紀夫首相は同日、自らの資金管理団体の偽装献金事件で「不起訴相当」の結論が出たことについて「厳粛に受け止めたい」と語った。平野博文官房長官も「国会でも説明できる範囲は説明した。一つの区切り」として、解決済みとの認識を示している。

 ただ、首相は野党が求める関係資料の国会提出に消極的で、なお攻勢にさらされそうだ。自民党の大島理森幹事長は「(資料提出に消極的なのは)許しがたい不誠実な態度だ。本人が分からないなら関係者の国会招致にリーダーシップを発揮すべきだ」と批判。みんなの党の渡辺喜美代表は「国民の常識から見ておかしいことは国会で解明すべきだ」と指摘し、社民党の重野安正幹事長も「国民の目線で『よし分かった』とはならないだろう」と懸念を口にした。【木下訓明、念佛明奈】

【関連ニュース】
小沢幹事長:「前原君の発言、興味ない」…高速新料金で
検察審査会:鳩山首相「不起訴妥当」も説明に強い疑念表明
検察審査会:鳩山首相「不起訴相当」の議決 偽装献金事件
普天間:9万人県民大会「民意の一つの表れ」…鳩山首相
普天間移設:「岡田外相、微修正で受け入れ」米紙報道

なんときれいな710年…平城宮跡オープン(読売新聞)
みんなの党 名古屋リコール署名集め支援へ 渡辺代表(毎日新聞)
交番の警察官に生卵=容疑で少年ら逮捕−警視庁(時事通信)
女性をホテルに6時間監禁「永遠に一緒」と誓約書も 元交際相手を逮捕(産経新聞)
茨城の女性殺害、容疑の28歳会社員の男逮捕(産経新聞)

<名古屋市議会>恒久減税など再提案 可決可能性低く(毎日新聞)

 名古屋市議会臨時会が19日開会した。河村たかし市長は、「主権在民3部作」と位置づける市民税減税の恒久化▽議員報酬の半減▽地域委員会拡大のための補正予算−−の3議案を提案した。いずれも2月定例会で修正・否決されたばかり。河村市長は異例の年度初めの臨時会招集でリベンジを図るが、この3議案が可決される可能性は低い。

 河村市長はこの日の市幹部会で「議会の向こうの市民225万人の方を向いて、究極の情報公開のつもりで臨みたい」と議会に挑む決意を表明した。

 議会で市長は「私の最も根本となる施策が圧倒的多数で修正・否決され、心の底から憤りや民主主義の危機を感じた」と臨時会招集の理由を説明。2月定例会では、議員報酬半減案とセットで議員定数半減案も提案したが「(定数が)現状で良いという認識はないが、民意の収束を待って別の機会に」と、定数半減案の提案を今回見送ったことを釈明した。

 2月定例会の閉会から1カ月もたたないうちの臨時会招集について議会内には疑義を唱える声も多い。議会側は16〜18日、市民向け議会報告会を開催したばかり。【高橋恵子】

【関連ニュース】
名古屋市議会:条例に基づく初の報告会 市民100人参加
名古屋・河村市長:持論展開「減税しないと天下り天国に」
河村名古屋市長:応援団長に俳優の菅原文太さん
名古屋市議会:主要会派、ビラ全戸配布へ「市民の理解を」
名古屋市臨時会:19日招集 定数維持、報酬半減案調整も

JR富山駅、仮駅舎の利用開始=北陸新幹線工事で〔地域〕(時事通信)
山崎さん無事帰還 「重力の強さ感じた」 完璧任務、夫「誇り」(産経新聞)
頭部も女性会社員=DNA型が一致−福岡県警(時事通信)
政府税調 消費増税論議始まる 集約は政治主導待ち 積極派にも溝、混迷模様(産経新聞)
ネットで教育語ろう 文科省が掲示板設置(産経新聞)

レトロビル 華麗なる変身 築半世紀、「ホステル」に改修(産経新聞)

 ■欧米の旅行客に人気

 大阪市内にちょっとユニークな宿泊施設がオープンした。「HOSTEL64Osaka」(ホステルロクヨンオオサカ、大阪市西区)。建物は、半世紀近く前に建てられたオフィスビル。古いビルのよさを残しながらリノベーション(改修)したところ、1泊1人約5000円と低価格ながら、日本情緒と最新設備が共存するしゃれた「ホステル」に大変身。連日、欧米の旅行客を中心ににぎわっている。

 一見したところ、年季の入ったシンプルなビル。本当にここがホステル?と半信半疑で階段をあがると、年代ものの和だんすが温かな雰囲気のフロント。ロビーには明るい日差しが差し込み、むき出しの天井も印象的。「応接室」とプレートがはられたフロント横のレトロなガラス戸をあけると、お酒を飲んだりできるラウンジだった。

 客室は全部で10室。ベッドの部屋もあれば、畳敷きの和室もある。珍しいのは、「ドミトリー」で、室内に6つのベッドを配置し、それぞれ、布1枚で仕切られている。隣の人のいびきも聞こえてきそうだ。ちなみに、こちらは1泊1人3900円から。

 「このドミトリーから埋まっていくんですよ」と話すのは、建物の改修から運営まで手がけている「アートアンドクラフト」(大阪市西区)代表、中谷ノボルさん。同社は、これまでにも数多くの中古のオフィスビルやアパート、長屋などのリノベーションを手がけ、多様な住まい方を提案してきた。「宿泊施設も、もっと多様でもいいはず」と、大阪市内の約300の物件から選びだしたのが、昭和39年建築の工具メーカーの事務所兼寄宿舎だったビル。

 天井から洗面所のタイルまで、古いビルのよさを残しながら、トイレやシャワールームなどには最新設備を導入。壁紙や家具にはとことんこだわり、「デザインホテルのしゃれた感じと、民宿の温かみを併せ持ったような」ホステルに向けて工事を進め、先月16日に開業した。

 1カ月がたった現在、9割以上が、ウェブサイトから予約した欧米を中心とした外国人客だという。ファッションや建築、音楽関係の職業をもつ30〜40代が多く、到着するなり「クール(かっこいい)!」。

 今後、アジアからの外国人客や、国内にも人気が広がっていきそうだ。(岸本佳子)

【関連記事】
“カメラ系女子”宮崎あおい クールに使いこなすオリンパス「ペン・ライト」
恐ろしい…私の知らない仙台とは 仙台放送・原英里奈アナウンサー
丸ノ内線レトロなメトロでニッポン再興!
たばこ店主が写した思い出 笹本繁宏さん(87)
地下迷宮の商売 商魂たくましい露「冷戦博物館」
外国人地方参政権問題に一石

拉致逮捕状撤回求めず=よど号メンバー「解決に協力」−訪朝支援者に表明(時事通信)
<掘り出しニュース>「深谷シネマ」造り酒屋跡に移転 名誉館長・大林監督迎え開館 埼玉(毎日新聞)
<公取委>5社に排除命令 光ケーブルでカルテル(毎日新聞)
<馬淵副国交相>整備区間建設中止も…高速道に新たな枠組み(毎日新聞)
<パトカー>乗用車と衝突、男性軽傷 神奈川・相模原(毎日新聞)

岡部まりが「探偵ナイトスクープ」収録ドタキャン(産経新聞)

 人気番組「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送系)に「秘書」役でレギュラー出演するタレントの岡部まりさん(50)が、収録の直前に出演を辞退したことが9日、分かった。岡部さんをめぐっては今夏の参院選への出馬が取りざたされている。

 朝日放送によると、9日午後2時ごろ、岡部さん本人から、番組を担当する栗田正和プロデューサーに「(参院選出馬をめぐって)一部の報道でお騒がせしており、番組収録や共演者にご迷惑がかかるため、今日の収録は辞退したい」と連絡があったという。

 代役として急遽(きゆうきょ)、お笑いタレントの田村裕さん(30)が出演。9日に収録した内容は今月30日と5月7日に放送される。

【関連記事】
「体調不良」の真相は…前田日明氏、緊急会見を“ドタキャン”
本当の笑顔はいつ…眞鍋かをりにみる芸能界の「光と影」
清原、体調大丈夫?「すぽると」収録をドタキャン
眞鍋、イベントドタキャン…トラブル原因?
ZAK記者も“被害” 都心で名刺交換おねだりギャルの正体
「中国内陸部の資源事情とは…?」

男性の復職、なお拒否=免職取り消し判決を無視−阿久根市(時事通信)
普天間移設 「県外」軸に検討 官房長官(産経新聞)
<残業代>変形労働時間制認めず、支払い命令…元バイト提訴(毎日新聞)
消費税率引き上げ、民主に要求…知事会特別委(読売新聞)
子宮頸がんワクチン 国の費用負担求める声(産経新聞)

条約の早期批准期待=岡田外相談話(時事通信)

 岡田克也外相は8日、米国とロシアが新核軍縮条約に調印したことについて、「両国の核軍縮に重要な進展があったことを示しており、わが国として歓迎する。両国による条約の早期批准を期待する」との談話を発表した。
 外相は「他の核兵器保有国も参加した核軍縮の進展、『核のない世界』に向け、国際社会の中で一層リーダーシップを発揮していく」と強調。日本政府として今後、核軍縮の流れをさらに後押ししていく考えを示した。 

「平和的に体制変換を」=黄元書記、拉致家族ら前に講演−東京(時事通信)
外相と米大使が会談=普天間めぐり意見交換(時事通信)
山崎さんアーム作業成功=宇宙基地にコンテナ取り付け−初飛行ヤマ場、トラブルなく(時事通信)
貴金属店窃盗、男を再逮捕=大阪市内で1500万円相当−府警など(時事通信)
民主支持層も鳩山離れ、参院選投票も目減り(読売新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。