So-net無料ブログ作成

プリウス2台、ハンドル内部でナット脱落(読売新聞)

 トヨタ自動車がリコール(回収・無償修理)を実施しているハイブリッド車の新型「プリウス」で昨年11月、ハンドルの内部装置に取り付けたボルトの締め付けが不十分で、ナットが外れる欠陥が2台で見つかっていたことがわかった。

 この2台は、すでにナットを取り付けて締め直す対策を取った。トヨタは「製造の初期段階で不具合が見つかることはまれだが、安全上の問題はない」と説明している。トヨタはこの欠陥について、新型プリウスのリコールを届け出た3日後の今月12日、国土交通省に報告した。

 トヨタによると、昨年11月、ユーザーから「ハンドル操作時に異音がする」という苦情が2件寄せられ、ハンドル内部の装置のボルトの締め付けが足りず、ナットが脱落しているのが見つかった。2台の車両はそれぞれ昨年5月19日と22日に、愛知県豊田市内の同じ工場で製造されており、締め付けの強さを確認する機械が正しく作動せず、締め付けが不十分だったことを検知できなかったという。

 トヨタは、この工場で昨年4〜5月に製造したプリウス約1万数千台分の締め付け強度のデータを調べた結果、2台のほかに強度不足は見つからなかったとしている。同省は「問題を特定して対策を取っており、リコールなどの必要はない」としている。

シリアスからコメディーまで=ベルリン映画祭最優秀女優賞の寺島さん(時事通信)
「法律違反なら厳正に対応を」 北教組問題で川端氏(産経新聞)
高齢夫婦、自宅で変死=妻は寝たきり、経緯捜査−岡山県警(時事通信)
【こんな主婦?あんな主婦!】小学校入学時の不安は?(産経新聞)
五輪スノーボード 「応援に感謝」…国母が帰国(毎日新聞)

中宮寺跡 心柱立てる施設跡を確認 奈良・斑鳩町教委(毎日新聞)

 奈良県斑鳩町法隆寺東2の中宮寺跡(国史跡)で、塔の中心を貫く心柱を立てるために使ったやぐらの柱穴とみられる遺構が見つかった。18日発表した同町教委によると、古代寺院で心柱を立てるための施設跡が確認されたのは初めて。塔の建築方法を考える上で貴重な発見としている。

 昨年8月から約1072平方メートルを調査。以前の発掘調査で地表面から深さ約2.5メートルに心柱の礎石があることが分かっていた。今回は礎石の西側で柱穴二つを確認。礎石をはさんで南北にそれぞれ約5メートル離れた場所にあり、礎石の近くに建てられたやぐらの柱穴とみられる。心柱の先端部分にくくり付けた綱を、やぐらの上の滑車を通して引っ張り、心柱をたち上げたと考えられる。

 中宮寺は飛鳥時代に聖徳太子が建立し、金堂や塔が一直線に並んでいたとされる。塔は絵図などから三重塔とみられ、近くにある同時代の法起寺三重塔(国宝)などとの比較により、高さは約20メートルと推定される。

 近畿大の大脇潔教授(考古学)は「これまであまり意識されていなかった心柱の立て方を具体的に解明する発見。他の塔でも同様の施設が使われている可能性があり、今後の調査で見つかるかもしれない」と話している。

 現地説明会は21日午前10時から午後4時。小雨決行。【花澤茂人】

【関連ニュース】
文化財防火デー:意識新たに、法隆寺で訓練
法隆寺:伝法堂と上御堂、1300年祭で特別公開 貴重な仏像並ぶ−−斑鳩 /奈良
平城遷都1300年展:貴重な仏像、一堂に 4月24日から、新潟市美術館 /新潟
消防訓練:「文化財守る」 加古川・鶴林寺で、国宝・本堂などに一斉放水 /兵庫
撮れたて!:法隆寺の「修正会」 静寂の懺悔 /奈良

米、原発新設に融資保証、30年ぶり再開、日本企業にも商機(産経新聞)
普天間移設 シュワブ陸上部案 「最も現実的」…脚光(産経新聞)
<脱税>3年間で2億円所得隠しの疑い 大阪の高級クラブ(毎日新聞)
3億円架空増資の投資会社代表に有罪判決 東京地裁(産経新聞)
<殺人未遂>元警官、自宅前で撃たれる 福岡(毎日新聞)

<皇太子ご夫妻>ノーベル平和賞のマータイさんと懇談(毎日新聞)

 皇太子ご夫妻は18日、MOTTAINAIキャンペーン名誉会長でノーベル平和賞を受賞したケニアのワンガリ・マータイさん(69)とお住まいの東宮御所(東京都港区)で午後6時過ぎから約30分間、懇談した。

 懇談を終えたマータイさんによると、マータイさんは3月にケニアを初訪問する皇太子さまに「ぜひ公園や山をご覧になってください」と話した。皇太子さまは「訪問をとても楽しみにしています」とにこやかだったという。雅子さまは気候変動など環境のことについてマータイさんに尋ねた。マータイさんは「雅子さまはとても美しく、温かくて幸福そうに見えた」と印象を話した。【真鍋光之】

<JR高円寺駅>転落女性を救助 レールの間に寝かせ(毎日新聞)
「まつ毛エクステ」で充血や炎症、トラブル急増(読売新聞)
<未成年後見人>施設入所児らへ選任、134人 過去20年(毎日新聞)
消費税論議に慎重=景気への影響懸念−平野官房長官(時事通信)
公用車談合で元課長ら処分 国交省(産経新聞)

女性への薬物譲渡「押尾被告に言い訳相談された」 友人初公判(産経新聞)

 合成麻薬MDMA使用後に知人女性が死亡した元俳優の押尾学被告(31)による保護責任者遺棄致死事件に絡み、押尾被告にMDMAを譲渡したとして、麻薬取締法違反罪に問われた友人のネット販売業、泉田勇介被告(31)の初公判が19日、東京地裁(田村政喜裁判官)で開かれた。泉田被告は起訴内容を認めた。検察側は、押尾被告から死亡した女性へのMDMA譲渡をほのめかすメールについて、警察への言い訳の方法を押尾被告から相談されたとする泉田被告の供述調書を明らかにした。

 検察側が読み上げた泉田被告の供述調書によると、事件直前に押尾被告が女性に送った「来たらすぐいる?」というメールについて、事件直後に押尾被告が「(警察に薬物譲渡を)突っ込まれたらどういえばいいか」などと泉田被告を呼び出して相談したという。最終的には、押尾被告自身が肉体関係をほのめかすメールとして警察に説明することを決めたという。

 押尾被告は自身の公判で「肉体関係を持ちたいかとの趣旨」とメールを説明。「MDMAは女性から渡された」としている。

 検察側は冒頭陳述で、押尾被告が「アミノ酸」という隠語を使って、泉田被告とMDMAについて連絡を取っていたと指摘。事件直後に泉田被告から「119番通報しないのか」と問われ、押尾被告が「俺も(MDMAを)だいぶ入れているから」などと返答したとする供述調書も明らかにした。泉田被告は押尾被告に、体内から薬物の痕跡を取り除く薬を探すよう依頼されたという。

 検察側は泉田被告に懲役1年6月を求刑して結審。判決は3月12日。

 起訴状によると、泉田被告は昨年7月31日、東京都港区の六本木ヒルズの一室で、押尾被告にMDMA約10錠を譲渡したとされる。

 事件をめぐっては、押尾被告が昨年8月、MDMAを飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=に渡したうえ、一緒に飲んで容体が急変した田中さんを放置、死亡させたとして、保護責任者遺棄致死と麻薬取締法違反の罪で起訴されている。

【関連記事】
押尾被告、有名芸能人で初の裁判員裁判に
押尾容疑者、異変直後通報なら救命可能性は8割以上 警視庁推定
押尾被告 弁護側の保釈請求準抗告を棄却
押尾被告、無罪主張へ 弁護人「必要な保護措置取った」
「押尾容疑者へMDMA譲渡した」友人の男が認める供述 

人権活動家 上海に到着、入国許可される(毎日新聞)
<霧>関西で鉄道ダイヤ乱れる 4万8500人に影響(毎日新聞)
【新・関西笑談】ワイナリーのジャンヌ・ダルク(1)(産経新聞)
<普天間移設>民主沖縄県連、県内移設反対を強調(毎日新聞)
インフル患者、さらに減少=週推計22万人−感染研(時事通信)

「刷新相4人ぐらい必要」=枝野氏(時事通信)

 枝野幸男行政刷新担当相は12日午後、内閣府で前任の仙谷由人国家戦略担当相から引き継ぎを受けた。仙谷氏が「規制改革にしても、公益法人、独立行政法人にしても課題山積だ。財政がガタガタになっているから、大変だ」と指摘したのに対し、枝野氏は「行政刷新だけでも4人ぐらい大臣が必要だ」と、重責を実感した様子で応じた。 

ワシントン“凍結” 米東部中心に記録的積雪(産経新聞)
<スキー事故>客同士が衝突 1人死亡、1人重傷 北海道(毎日新聞)
石破氏「当たり前のこと言っただけ」 陸自幹部処分受け(産経新聞)
予算委員長解任案を否決=公明は賛成−衆院(時事通信)
「乗り方悪い」と自転車の男児転ばせる 容疑の男を逮捕 (産経新聞)

山スキーで不明の男性4人発見…栂池高原(読売新聞)

 長野県小谷(おたり)村の栂池(つがいけ)高原へ13日から山スキーに出かけたまま、行方が分からなくなっていた男性4人は、14日午前8時50分過ぎ、新潟県糸魚川市の「蓮華(れんげ)温泉」北側の山中で発見された。

 1人が体調不良を訴えているものの、全員、命には別条はないという。

 県警が同日午前8時頃から、ヘリコプターで捜索を開始。上空から声を掛けたところ、応答があった。

 4人は、いずれも会社員の富山市婦中町、井上和彦さん(40)、同市大町、杉林功考さん(27)、同市上大久保、高尾宙樹さん(40)、富山県滑川市追分、松田謙司さん(40)。

「17年半はつらく苦しい毎日」菅家さんが陳述(産経新聞)
<詩音被告>ケタミン使用有罪 横浜地裁判決(毎日新聞)
<五輪スピード>長島選手に報奨金1000万円…所属の企業(毎日新聞)
首相の実母らの喚問要求=自民国対委員長(時事通信)
<枝野行政刷新相>法令解釈担当に 鳩山首相の意向で(毎日新聞)

ペットショップ大手が1億8千万円所得隠し 法人税法違反で告発 東京国税局(産経新聞)

 売上を除外し、所得約1億8千万円を隠したとして、東京国税局が全国30カ所以上でペットショップを展開する「Coo&RIKU」(東京都足立区)と大久保浩之社長(31)を法人税法違反(脱税)の罪で東京地検特捜部に告発していたことが12日、分かった。Coo社はすでに修正申告した模様だ。ペットブームを背景に、犬や猫の低価格戦略で拡大路線を進めてきた同社に対し、国税当局のメスが入った。

 関係者によると、Coo社は平成19年12月までの2年間、ペットショップでの売上などを除外。約1億8千万円の所得を隠し、法人税約5400万円を脱税したとされる。

 民間信用調査会社などによると、設立は平成15年8月。犬や猫などのペット販売以外に、繁殖や訓練などの受託業務、ペット用品の輸入・販売、ペット専門の美容院や動物病院の経営などを展開している。仕入れの一括大量購入でコストを抑え他店よりも低価格で販売しているとされる。

 積極的な出店攻勢で19年12月期の売上高は約21億円に上り、3年前の約3倍に増加している。小売店舗での営業のほか、インターネット通販も実施し、主要ペット情報サイトでのホームページへのアクセスは比較的に上位にランクされている。

 Coo社側は産経新聞の取材に「担当者がいないのでわからない」としている。

【関連記事】
犬450匹無許可飼育で業者宅捜索 “黙認”の保健所も
犬のしつけが…因縁つけペットショップ店員に土下座させた女逮捕
“仲間”の鳴き声で寄せ、鳥もちで野鳥を捕獲 ペットショップ経営者を逮捕
動物園でさらわれた!高価プレーリードッグ
ペンギン盗んだ容疑で逮捕、キャリーバッグに入れてコロコロ

<GWG買収>韓国逃亡の会計士、脱税容疑で逮捕 東京地検(毎日新聞)
就職氷河期も学生の額に汗 池袋・サンシャインで企業説明会(産経新聞)
<雑記帳>“裏”もあります 京都の消防署出張指導メニュー(毎日新聞)
<ユネスコ協会連盟>優遇申請怠る 寄付者、控除受けられず(毎日新聞)
訃報 立松和平さん62歳=作家、著書に「遠雷」など(毎日新聞)

再診料690円に統一…開業医不満の20円下げ(読売新聞)

 2010年度の診療報酬改定の焦点となっていた再診料の見直しは10日、開業医の診療所を20円引き下げると同時に、中小病院を90円引き上げ、690円に統一することで決着した。

 厚生労働相の諮問機関「中央社会保険医療協議会」(中医協)は収入減となる開業医に配慮し、休日・夜間にかかりつけ患者の対応ができる体制をとる診療所を対象に、再診料に上乗せ加算できる仕組みを新たに導入する方針を打ち出したが、開業医には不満が残った。

 再診料は現在、診療所が710円、中小病院(200床未満)が600円となっている。

 患者から「差があるのは分かりにくい」という指摘があり、初診料は統一したが、再診料は統一すれば診療所の収入減につながるため、日本医師会などの反対で診療所の引き下げが見送られ、格差が残っていた。

 再診料を10円増減させると、診療所は全国で計約100億円、中小病院は計約20億円、収入が変化すると見込まれている。今回の改定では、ほぼ中間の660円とする案も出たが、開業医の委員らが反対した。10日の総会では、学識経験者ら公益委員が、診療所の引き下げ幅を抑えた裁定案を提示した。反発した開業医の委員らが「診療所の体力の著しい低下を招き、医療崩壊が拡大する」として一時退席したが、最終的には黙認する形で受け入れた。

シャトル 山崎直子さんの両親会見「私たちも喜びを共有」(毎日新聞)
山本病院、死亡時刻を2時間遅らせカルテ記載(読売新聞)
通報だけで死亡と判断=救急隊、出動させず−沖縄・宮古島(時事通信)
追い抜かれ立腹、信号待ちのトラック運転者殴る(読売新聞)
宇都宮線が全線運転見合わせ 車両トラブルで(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。